ホーム » 登山&ハイキング » ツアー参加時のご注意
登山&ハイキング

ツアー参加時のご注意

初めての方へ

 ≪安全、安心、ゆったり登山をめざしています。≫

ただ、きついだけの登山ではなく、景色や花を楽しみながら自然を大事にし、健康増進につながる歩行に配慮しています。

又、アルプスや東北、北海道などの遠征登山では通常、日本山岳ガイド協会所属の現地ベテランガイドを同行させていますので事故や病気などの連携プレーも早くて安心です。また、1名様でのご参加も多くお気軽にお申込みください。
登山・ハイキングに関するご注意』を必ずお読みください。

装備について

出発が近づきましたら、ツアーごとに携行品リストの「必要度」に◎大 ○中 小△を記入したものをお送りいたします。

服装

夏場でも山では冷え込むことがあります。必ず防寒具を用意してください。また、着脱して温度調節ができるように重ね着できるできるものがオススメです。また、上着・下着とも吸湿性・通気性・速乾性に富んだ素材が最適です。綿製は乾きにくく体温を奪う為適しません。

ズボン

必ず長ズボンで参加してください。動きやすく、伸縮性と速乾性のあるものが適します。綿のパンツやGパンは乾きが遅く、登山・ハイキングには適しません。

帽子

ハットかキャップをご用意ください。風が強い日にはキャップ止めがあると便利です。

ザック

個人の装備が入れば十分ですが、弁当や飲み物などが入るよう、ある程度余裕を見てください。日帰り・ホテル・ロッジ宿泊の場合は20~30リットル前後、山小屋宿泊なら30~40リットル程度が目安です。

トレッキングシューズ(軽登山靴等)の使用をお勧めいたします。捻挫予防のため足首まで保護し、防水性があればもっと良いでしょう。ウオーキングシューズの場合は底が滑りにくく丈夫な物が良い。靴底のはがれが時々あります。出発前に靴底をチェックしてください。

よくある質問

初めてですが、自分でも歩けますか?
体力・経験に応じたレベルを設定しております。申込み画面にそのコースの歩行技術と体力をそれぞれ★で表しています。まずは「登山・ハイキングに関するご注意 」をご熟読いただき、ご自身での判断をお願い申し上げます。
どんな格好・装備で参加したらいいですか?
トップ画面にある「装備について」をご覧ください。
ツアーはどのように行われているのですか?
必ず添乗員が同行し加えて、九州外の山においては山岳ガイドを同行させお客様をサポートいたします。
どんな人が参加していますか?
主に40代~70代の方が多いようです。お一人で参加される方も多いのが特徴です。昨年は約6割のお客様が1お一人でのご参加でした。お気軽にお申込みください。
最新パンフレット
-- PR --

※このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。