ホーム » 宮崎&九州 旅ナビ
日向・高千穂コース 神話巡りワンコインツアー
日向・高千穂コース


古事記編纂1300年記念 「神話巡りワンコインツアー」

「日向・高千穂コース」

 宮崎を代表する観光地でありニニギノミコトが はじめて地上に降り立った天孫降臨の地であるといわれ、また、アマテラスオオミカミの岩戸神話も伝えられる神話ゆかりの地・高千穂町と神武天皇東征出発の地との伝説が残っている港町、日向美々津へご案内いたします。 。」

※日向・高千穂コースは片道での利用が可能です。(片道の場合も料金は500円です。)


美々津  

美々津(日向市)について
神武東征出発の地との伝説が残っている港町。
瀬戸内船運の西端にあたり、上方風の商家、操船・水運業者の家、漁家が連なり、江戸・大正・明治と美々津千軒といわれ栄えた。
今なお江戸時代の町並みを残し、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定される。

高千穂峡  

高千穂町について
宮崎を代表する観光地。町内のいたるところに神話や伝説、癒しのパワースポットがある。
ニニギノミコトが はじめて地上に降り立った天孫降臨の地であるといわれ、また、アマテラスオオミカミの岩戸神話も伝えられる注目のパワースポット。
 

高千穂峡について
その昔阿蘇火山活動の噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷。(正式には五ヶ瀬川渓谷)
国の名勝・天然記念物に指定されている。付近には日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝や、さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「日形・月型」「鬼八の力石」などがある。
 

高千穂神社  

天岩戸神社について
日本神話の中でもよく知られた天照大御神(アマテラスオオミカミ)のお隠れになった天岩戸開き、あの天岩戸伝説を伝える神社。
天岩戸神社には東本宮と西本宮があり、東本宮は天照皇大神(アマテラススメオオミカミ)、西本宮はおおひるめのみこと(アマテラスオオミカミの別御神名)を主祭神とし、天岩戸(洞窟)を御神体として祭っている。
また、近くには天照大神が岩屋にこもられた折り、八百万の神々が集い神議されたと伝えられる天安河原がある。


 
  特典
ご参加いただいたお客様全員にちょっぴりプレゼントあり!

 
kojikitop.JPG
2012年4月~9月出発
  kojikitop.JPG

2012年10月以降は「古事記編纂1300年記念バスツアー(1,300円)」となります。
詳細はこちらをご覧ください。
 

最新パンフレット

※このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。